ココロとカラダにミネラルを!ハッピー&ヘルシーな毎日を応援します★
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【料理教室】4/6Vegan Home Cooking第3回目<ダイエット中の方にもおススメの手軽にできる野菜料理> | main | ナチュラルスイーツで有名なお店・WOOD MOON@東京・目黒 >>
【映画】世界の中心で、愛をさけぶ 
評価:
大沢たかお,柴咲コウ,長澤まさみ,森山未來,山崎努,行定勲,片山恭一
映画・世界の中心で愛を叫ぶを見ました。

小説は300万部を超える大ベストセラー、そしてテレビドラマにもなり「社会現象にもなった」と形容されているようです。
田舎の高校生のピュアな恋愛ものです。
彼女が白血病で亡くなり、彼はその後大人になっても深い喪失感から抜け出せずにいるという大変切ない物語です。
彼女が病気にならなければ、1ヵ月後にはケンカをして分かれていたかもしれませんが、
恋愛真っ最中に相手を失うのは、当事者はさぞかし後を引くのだろうなと感じました。

以前読んだことがあった明川哲也さん(ドリアン助川)のエッセイを思い出しました。
「人も物もあるのは役割だけかもしれない。関係が終わるのは、役割が終わったから」というような内容でした。
生死は誰もコントロールできないのですから、こんな考え方をすると楽になれるかもしれないなと、
当事者ではない私は思いました。

最後まで読んでくださってありがとうございました楽しい
株式会社スタイルアンドバリュージャパン
JUGEMテーマ:映画の感想

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://stylevalue.jugem.jp/trackback/72
TRACKBACK