ココロとカラダにミネラルを!ハッピー&ヘルシーな毎日を応援します★
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 現代人のミネラルバランスの崩れと、ミネラル不足について | main | 雑誌『エコドゥ ECO DO』 国内の環境問題・環境対策を取り上げたお洒落な雑誌 >>
ニンジンのミネラル、50年前と比べて1/10!!
きのうは現代人が慢性的に不足していること、またミネラルバランスが崩れていることを書きました。そしてその理由は、
\里紡爾戮襪函同じ食品でもミネラルが多く含まれている部分を現代人が食べなくなっている。
加工食品を多くとるようになった。
E攵蹐らミネラルが激減しているため、野菜や果物自体にミネラルがなくなってきていると書きました。
きのうのブログはこちらです。

『トコトンやさしいミネラルの本』の中に、について指摘している記述がありました。要約します。
戦後日本の土地は力がなくなったと言われているが、これは化学肥料や各種の農薬のため土壌の性質が次第に変わり、それに伴ってミネラル分も失われてきているからである。その結果、そこからとれる農作物は昔のようにミネラうが含まれているわけにはいかない。つまり同じ農作物を食べても、そこに含まれるミネラルの量はずっと少ない。

鉄分を例にとってみると、ホウレン草では、50年前と現在ではその量が1/7程度に減少している。ニンジンでは、1/10くらいになっている。

この影響は当然家畜にも現れ、ミネラルの少ない食品が、私たちの食卓に上ることになる。農作物と食べようが肉類を食べようが、そこには必ずミネラル不足がつきまとう。

トコトン 土壌

最後の一文が深いと感じます。土壌にミネラルがなくなれば、生物全てがミネラル不足になります。
グローバルな環境問題に取り組みことに加え、化学肥料や農薬の使用について考え直す必要があると改めて思いました。

最後まで読んでくださってありがとうございます楽しい
株式会社スタイルアンドバリュージャパン
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://stylevalue.jugem.jp/trackback/132
TRACKBACK