ココロとカラダにミネラルを!ハッピー&ヘルシーな毎日を応援します★
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 新しいレストラン ラビングハット(Loving Hut)のつづき | main | おすすめアイス kutte(クーテ) <ダイエット中の方もぜひ> >>
『世界を見る目が変わる50の事実』 <重たい気分にさせない巧みな文章>
ジェシカ・ウィリアムズ,酒井 泰介
草思社
¥ 1,680
英国国営放送BBCのジャーナリスト、ウィリアムズ,ジェシカが書いた本を読みました。
多様なデータに基づき、身近な話題から遠い国の事情まで50の事実を紹介している本です。
タイトルの文字どおり、読み終わるころには世界を見る目が変わりました。

目次をいくつか紹介します。
・中国では4400万人の女性が行方不明
・世界の死刑執行の81%はわずか3カ国に集中している。中国、イラン、米国である。
・ロシアで家庭内暴力で殺される女性は年間1万2000人を超える
・世界にはいまも2700万人の奴隷がいる。
・米国は国連に対し、10億ドル以上の未払い金がある
・毎年、200万人の女性が性器削除される
・世界にはいまも2700万人の奴隷がいる
・毎年、西欧向けに人身売買される女性は12万人
・肥満の3人に1人は発展途上国にいる
・先進国の国民は年間7キロの食品添加物を食べる
息の詰まりそうな重たいテーマを扱っていますが、読み終えた後に重たさが残らないような巧みな文章になっているところがすごいと思います。
事実を知り、意識を改め、自分に出来ることに取り組むことで改善に向けて変化を起こすことができると、著者が確信を持っているからでしょう。

本のはじめにでは、人類学者のマーガレット・ミードの言葉を紹介しています。
「思いやりがあり、行動力のある人々は、たとえ少人数でも世界を変えられる。
それを決して疑ってはなりません。実際、それだけがこれまで世界を変えてきたのですから」

勇気付けられる言葉だなと感じます。

最後まで読んでくださってありがとうございます楽しい
株式会社スタイルアンドバリュージャパン
JUGEMテーマ:オススメの本


スポンサーサイト
おさださん

コメントありがとうございます。
「思いやりがあり、行動力のある人々は、たとえ少人数でも世界を変えられる」
この言葉が心に響く感性をお持ちの方は、思いやりも行動力も持ち合わせているのではないかと感じますよ。
頑張ってください。
藤岡 | 2008/07/09 8:55 PM
「思いやりがあり、行動力のある人々は、たとえ少人数でも世界を変えられる」

勇気付けられますね。
思いやりとか行動力、あるのかどうか分かりませんが、
(無いとしたらこの言葉の範疇じゃないじゃん。笑)
自分のやっていることが世界を変えると信じて行動して行きたいですね。
頑張ります。頑張りましょう。
おさだ | 2008/07/08 1:25 AM
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK